運動不足でびまん性脱毛症になってしまう理由をご存知ですか?

運動不足でびまん性脱毛症になってしまう理由をご存知ですか?

体を鍛えて健康な体を維持するためには適度な運動を行うのが一番ですが、忙しい毎日の中では続けるのは意外に大変です。

 

ランニング

 

ですが運動不足になると、健康を損なうリスクが高くなるだけではなく、びまん性脱毛症の発症リスクも高めてしまいます。

 

運動不足でびまん性脱毛症になる理由とは

 

血液は全身をめぐり、必要な部分に栄養を補給しながら不要物を回収しています。

 

この働きによってすべての機能は正常に行われるのです。

 

髪の毛も、血液によって運ばれる栄養を毛包が受け取り、毛乳頭細胞が分裂を繰り返すことで成長していきます。

 

血液を全身に押し流しているのは心臓ですが、心臓の働きは運動することで活性化されます。

 

そのため、運動不足になると心臓の働きが弱まり、血液の流れも悪くなってしまいます。

 

頭皮の血管は細いので、もともと流れが停滞しやすいですが、運動不足になるとさらに血流が悪くなります。

 

女性はダイエットの為に食事制限をする人が多いですが、これだけだと筋力まで落ちてしまい見た目的にもマイナスです。

 

髪の毛に大切なたんぱく質も不足すれば、紙がぼさぼさと血流が悪いのが外から見てとれるようになってしまいます。

 

すると毛包への栄養が不足してしまい、毛乳頭細胞の分裂が滞るため、髪の毛の成長が滞ったり止まってしまうのです。

 

毛包があっても成長しなければ髪は増えませんし、成長を維持できなければ抜けてしまいますから、運動不足はびまん性脱毛症を引き起こす原因になるのです。

 

どのぐらいの運動をすればびまん性脱毛症を防げるの?

 

運動というと、走ったりスポーツジムで汗を流すイメージがありますね。

 

ですが、びまん性脱毛症を防いだり改善するための運動は、そこまでハードルを上げる必要はありません。

 

運動量の目安としては、ウォーキングなどの有酸素運動を20分から30分程度続けるだけで十分です。

 

毎朝ラジオ体操を行うだけでも運動不足は解消できます。

 

家事や育児、仕事でまとまった時間が取れない方は、お買い物や通勤時間にできるだけ歩くようにしましょう。

 

スタンダードですが、エスカレーターではなく階段を上る、公共交通機関を利用するときは立つようにするだけでも運動になります。

 

毎日の生活のルーティンに運動を取り入れるのは大変かもしれません。

 

ですが、ルーティンの中で体を動かすようにすれば運動不足の解消につながるので、お掃除や料理の時など意識して体を動かしてみてください。

びまん性脱毛症費用