女性薄毛の原因となる睡眠不足と解消のポイントについて

女性薄毛の原因となる睡眠不足と解消のポイントについて

睡眠不足は、肌トラブルや体調不良などを引き起こす要因となりますが、薄毛の要因にもなると言われています。慢性的に睡眠不足になると薄毛もどんどん進行していくので、しっかり睡眠を取れるように生活習慣を改善していきましょう。

 

睡眠不足

 

睡眠不足で薄毛になる理由

 

人間の体は、寝ている時に修復・再生が行われます。髪の毛も同じで、昼間に受けたダメージが修復されて、正常な状態になるように再生されることで成長が維持できます。この修復・再生に関わっているのが「成長ホルモン」です。

 

成長ホルモンが、体のすべてを構成する細胞を修復してくれるからこそ、体も髪も健康になれるのですね。実は、成長ホルモンの多くは寝ている間に分泌されています

 

しかもただ寝れば分泌されるというものではなく、もっとも深く眠るノンレム睡眠の時に分泌されます。睡眠不足というのは睡眠の質が悪いので、レム睡眠とノンレム睡眠のリズムが狂ったり、浅い眠りが続いてしまいます。

 

そのため成長ホルモンが十分に分泌されず、生命維持に関係のない髪は修復が後回しになるため、髪が育ちにくくなり薄毛が引き起こされるのです。

 

どうすれば睡眠不足を解消できる?

 

睡眠不足になる原因は人によって異なりますが、大きく関わっているのは生活環境です。ですので、まずは生活環境を見直してみましょう。見直すポイントは、就寝前の環境やストレス、寝室の環境です。

 

就寝前にたくさんアルコールを飲んだり、スマホやテレビなどを寝る直前まで観る習慣があったら、これが睡眠不足の原因です。こういった状態は睡眠を誘導する副交感神経の働きが弱まるので、アルコールの摂取を控え、寝る1時間ぐらい前から静かな環境を作ってください。

 

また、ストレスを感じていると交感神経が活発になり寝つきが悪くなります。アロマで好きな香りを嗅いだり、マッサージや入浴などで1日のストレスを解放してみましょう。そして枕や布団などの寝具も、使い心地が悪いものは思い切って買い換えてください。

 

睡眠は時間も大事ですが、例え短時間でもリズムが整っていれば睡眠不足ではありません。ですので、何時間寝るようにするというよりも、いかに気持ちよく眠れるかを工夫しましょう。

びまん性脱毛症費用