女性用育毛剤の成分によく使われるセンブリエキスとは

女性用育毛剤の成分によく使われるセンブリエキスとは

女性用育毛剤は商品ごとに配合される成分が異なりますが、多くの育毛剤に使われているのが「センブリエキス」です。主成分になることも多いセンブリエキスは、女性の薄毛にどのような働きをしてくれるのでしょうか。

 

センブリエキスとは

 

千回振っても苦味が取れないことが名前の由来となっているセンブリは、リンドウ科の薬草です。このセンブリから抽出されるのがセンブリエキスです。センブリエキスは、下痢や腹痛などの胃腸虚弱やじんましんなどの皮膚疾患、肝膵臓障害の抑制などさまざまな症状に良いと言われています

 

もともとは漢方薬の生薬として用いられていましたが、近年は研究開発が進み、薄毛の原因にもアプローチできることが分かってきています。センブリエキスが持つ効果の中でも、特に注目されているのが5αリダクターゼという酵素を抑制する作用です。

 

5αリダクターゼは、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンの生成に関わっています。この酵素の働きを抑制すればジヒドロテストステロンが過剰に生成されないので、薄毛の進行や改善に効果が期待できることから育毛剤に使われています。

 

なぜ女性薄毛に効果的なのか

 

5αリダクターゼやジヒドロテストステロンは男性型脱毛症(AGA)の原因なので、一見女性薄毛には関係ないように思えるかもしれません。ですが、直接ではないもののこれらの物質は女性薄毛にも大きく関わっています。

 

最近増えている「FAGA(女性型男性型脱毛症)」は、髪を成長させる女性ホルモンが減少することで発症します。FAGAは女性ホルモンの減少が直接の原因ですが、男性ホルモンの働きも関わっています。

 

女性ホルモンが減ると、男性ホルモンの作用が強くなりジヒドロテストステロンの影響で脱毛が起こるのです。センブリエキスでケアすれば男性ホルモンの影響を軽減できますから、女性薄毛の改善効果が期待できるのですね。

 

センブリエキスには、毛細血管を強化して血行を促進したり、細胞を活性化する効能があるとも言われています。どちらも薄毛の改善には欠かせない効能ですから、女性用育毛剤を選ぶときにはセンブリエキスが配合されているものを選ぶのがおすすめです。

 

びまん性脱毛症費用