産後の抜け毛は対処すべき?放置しても治らないケース

産後の抜け毛は対処すべき?放置しても治らないケース

出産をすると、女性の生活は24時間365日体制の育児に突入します。そんな忙しい時期に発生する産後の抜け毛は、出産女性の約7割が経験することですが、対処をするべきなのでしょうか。

 

産後授乳

 

産後の抜け毛は自然現象

 

妊娠をすると、女性は妊娠状態を維持するために女性ホルモンの分泌量が増加します。しかし出産をすると、それまでたくさん分泌されていた女性ホルモンが通常の量に戻ります。通常に戻るといっても、増加していた分泌量が一気に減少してしまうので、減少することによって体に変化が起こります。

 

その変化に一つが抜け毛です。妊娠中は女性ホルモンによって髪の寿命が延びていたのですが、分泌量が減ると多くの髪の毛の寿命が終わります。そのため、大量の脱毛が起こり一時的に薄毛になってしまうのです。

 

この症状は産後脱毛症というもので、出産してから3ヶ月から半年ぐらいの間に発症します。産後脱毛症は、妊娠出産による女性ホルモンの分泌量の変化によって起こる自然現象です。ですので、通常であれば対処しなくても時間とともに抜け毛は減り、髪の量も元に戻ります。

 

元の状態に戻らないことはあるの?

 

産後の抜け毛は、1年ほど経つと自然に元の状態に戻っていきます。ただし、中には放置しておいても治らないケースがあります。治らない原因として考えられるのは、育児による睡眠不足とストレス、そして栄養不足です。

 

新生児の育児は、2時間おきの授乳とおむつ替えを昼夜問わず行います。そのためまとめて眠ることができないので、慢性的な寝不足状態が続き、髪の成長に必要な成長ホルモンが十分に分泌されません

 

また、育児中は自由な時間がなくなりますし、疲れや睡眠不足でストレスも溜まります。さらにゆっくり食事をする暇がなかったり、ストレスで食欲がなくなったりするせいで栄養も不足しやすいです。このように、産後は抜け毛を助長する要因があるため、自然に治らない人もいるのです。

 

抜け毛が治るか治らないかは、時間が経たないと分かりません。しかし早めに対処しておけばほぼ確実に治るので、育毛アイテムを活用したり、できるだけ休息を取ってストレスを溜めないようにしましょう。

びまん性脱毛症費用