びまん性脱毛症を引き起こすのは無理なダイエットのケース

びまん性脱毛症を引き起こすのは無理なダイエットのケース

年齢に関わらず、女性は常に痩せたいという気持ちを持っていますから、ダイエットを意識している方も多いでしょう。ですが、びまん性脱毛症が引き起こされることもあるダイエットのケースがあるのです。

 

ランニング

 

ファスティングダイエットや極端な食事制限で抜け毛が増える

 

ダイエットと言えば、まず思い浮かべるのが食事制限ではないでしょうか。近年では、食事を酵素ドリンクなどに置き換えるファスティングダイエットも流行しています。

 

確かに食事を大幅に制限すれば、摂取カロリーが減って消費カロリーが上回るので、短期間で痩せることができます。

 

しかし栄養管理をしないダイエットは、髪の成長に必要な栄養不足を引き起こします。髪は、毛乳頭細胞が分裂して成長することで伸びていきます。

 

栄養不足になると毛乳頭細胞の分裂が滞り、髪の成長が止まってしまうので薄毛になってしまいます。

 

一度分裂機能が低下すると、なかなか元には戻らないため、無理な食事制限はびまん性脱毛症のリスクを高めることになるのですね。

 

運動のしすぎは髪の成長を妨げる

 

全身運動は血行を促進するので、本来であれば薄毛の改善効果が期待できます。ですが、体への負担が大きい運動や激しい運動を長時間続けるなど、運動のしすぎは逆に薄毛を引き起こす原因となります。

 

運動をしすぎると、筋肉や内臓機能に大きな負担がかかり、働きが低下します。体は負担がかかった部分を早く回復しようとしますから、あらゆる栄養を各器官に集中して送り続けます。そのため髪に送られるはずの栄養がなくなってしまうのです。

 

また、適度な有酸素運動は体内の廻りを活性化しますが、ハード過ぎると疲労物質が溜まり、逆に廻りが悪くなります。

 

廻りが悪化すると、さらに頭皮の血行不良まで引き起こされるため、ホルモンの影響も相まってびまん性脱毛症が発症する原因となるのです。

 

痩せるのは健康に良いことですし、肥満は薄毛の原因となりますから、ダイエット自体は体に悪いことではありません。

 

しかし、無理なダイエットは健康を損なったり肌トラブルを起こす上に、びまん性脱毛症の原因にもなるので、正しいダイエットを行ってください。

びまん性脱毛症費用