女性薄毛の原因は歯の詰め物?金属アレルギーとの関係とは?

女性薄毛の原因は歯の詰め物?金属アレルギーとの関係とは?

もしも、小さい頃の虫歯治療で歯に詰め物をしている場合、それが薄毛の原因になっている可能性があります。あまり知られていませんが、実は「金属アレルギー」のせいで薄毛が発症することもあるのです。

 

銀歯

 

なぜ金属アレルギーで薄毛になるのか

 

金属アレルギーでもっともよく知られているのは、かぶれや発疹などの皮膚疾患ですね。一般的に、アレルギー症状が髪に及ぶという考えはないでしょう。アレルギーで皮膚疾患が起こるのは、皮膚の細胞組織が金属に対して自衛反応が起こるからです。

 

金属に含まれる物質がアレルゲンとなり、異物の侵入を防ごうとすると、湿疹やかゆみなどのアレルギー症状が出ます。そして、この自衛反応は毛包など毛根組織にも起こるのです。溶け出した金属イオンが体内に入り、頭皮でケラチンと結合すると、この結合物質を免疫機能が異物と判断します。

 

そのため、免疫細胞がケラチンを攻撃して破壊してしまうのです。ケラチンは髪の毛を作る原料ですから、これが破壊されてしまうと髪がまったく生成されず伸びなくなります。また成長していた毛も抜け落ちてしまいます。これが金属アレルギーによる薄毛のメカニズムです。

 

歯の詰め物で薄毛になるの?

 

アクセサリー類であれば、ほとんど一時的にしか着けませんから、こういった金属で抜け毛が起こることはありません。しかし、継続的に金属をつけていると金属イオンが体内に溶け出す量が多くなります。

 

また慢性的に体内に金属イオンを取り込む状態になってしまうため、人によってはアレルゲンが許容量を超えてしまうのです。金属イオンはタンパク質と結合しやすい性質があります。許容量を超えると、皮膚のタンパク質だけではなくケラチンとも結びつく量が増えます。

 

歯の詰め物から溶け出す金属イオンは微量ですが、常に溶け出しているので体内に取り込まれる量は多くなります。そのため、歯の詰め物が原因で薄毛が発症することも考えられるのです。最近では金歯や銀歯を嫌って「メタルフリーのセラミック」などに切り替える人もおられます。

 

もし歯に詰め物をして突然薄毛になったら、アレルギーの可能性があります。ですので、急に抜け毛の量が増えるなどの症状が起こったら、皮膚科でアレルギーチェックをしてもらいましょう。

びまん性脱毛症費用