女性の薄毛対策の費用に健康保険や医療費控除は利用できるのか?

女性の薄毛対策の費用に健康保険や医療費控除は利用できるのか?

女性の薄毛対策は、育毛剤を使うにしてもクリニックで治療を行うにしても、長期間継続しなくてはいけません。

 

 

そのためそれなりに費用もかかってしまいますが、金銭的な負担を減らす健康保険や医療費控除は薄毛対策でも利用できるのでしょうか。

 

医薬品やクリニックなら健康保険は使える?

 

医薬品を使ったり、薄毛治療のために医療機関を利用すれば、健康保険が使えるイメージがあるかもしれません。

 

しかし薄毛の場合は健康保険は適用されないのです。

 

その理由は、例え疾患の一つとされるAGAであっても、命に関わる病気ではないからです。

 

健康保険には、加入者が支払っている料金の他に税金も使われています。

 

残念ながら、薄毛は加入者や国民から徴収したお金を使って費用負担するほど、深刻な病気ではないと考えられています。

 

健康保険というのは、生命維持に関わる疾患、治さないと日常生活に支障が出る疾患に対して適用されます。

 

もちろん本人にとってはコンプレックスにもなり得る薄毛ですが、健康保険の存在意義からは外れてしまっているのです。

 

ただし、皮膚の病気のせいで発症する脂漏性脱毛症などは保険が適用されるので、皮膚疾患の方は病院で診察を受けましょう。

 

医療費控除はしてもらえるの?

 

健康保険が適用されないと医療費控除も受けられないと思う方も多いでしょう。

 

ですが健康保険は対象となる治療を受けた際に支払う金額を軽減する制度であり、医療費控除は医療費にかかった金額を年末調整などで所得控除が受けられる制度です。

 

つまり医療費控除は健康保険よりも対象が広く、税務署が治療と認めれば控除が受けられます。

 

ただし美容目的による薄毛治療の場合は控除が受けられません。

 

ですので、医療費控除を申請するときには、治療目的であると伝えてください。

 

後は税務署が判断し治療と認められれば、医師によって処方された費用に対しては医療費控除が適用されます。

 

まとめると、女性の薄毛対策は健康保険は使えませんが、医療費控除は受けられることがあります。

 

ただし治療薬であっても、ドラッグストアや海外から個人輸入したものに対しては医療費控除は受けられないので、必ず医師に処方してもらいましょう。

びまん性脱毛症費用