女性薄毛は遺伝するの?家族が薄毛だと薄くなる可能性は?

女性薄毛は遺伝するの?家族が薄毛だと薄くなる可能性は?

女性薄毛は、抜け毛の原因を突き止めて、その原因を改善することが一番の対策方法だと言われています。しかし、遺伝が原因だった場合は遺伝子が引き継がれてしまっているため改善できませんが、女性薄毛は遺伝するのでしょうか。

 

母と娘

 

女性薄毛は遺伝するの?

 

男性の薄毛は遺伝する、というのはよく耳にしますが、残念ながらこれは女性にも当てはまります。つまり、女性薄毛も遺伝します。ただし遺伝子によって発症する薄毛は男性型脱毛症です。

 

これは男性ホルモンのジヒドロテストステロンが原因の脱毛症で、男性の薄毛の多くは男性型脱毛症です。実は女性にも男性ホルモンが存在しているので、女性ホルモンの働きが弱まると、ジヒドロテストステロンの作用で薄毛が引き起こされます。

 

ですが遺伝するのはジヒドロテストステロンではなく、このホルモンのレセプターの感受性を高めるX染色体に存在する薄毛遺伝子です。

 

ジヒドロテストステロンが受容体であるレセプターに結合すると薄毛が発症します。つまり、女性でも薄毛遺伝子を含むX染色体が多く遺伝していると、男性型脱毛症になる可能性があるのです。

 

薄毛の遺伝子を持つ家族は誰?

 

薄毛の原因となるX染色体の薄毛遺伝子は、基本的には女性が持っています。ですので、母親や祖母が薄毛の場合だと、遺伝によって自分自身にも薄毛が発症する可能性があります。

 

ただし女性の場合、髪の成長を促すエストロゲンが分泌されるので、母方からの遺伝だけで男性型脱毛症になることはほとんどありません。

 

女性の薄毛は、母親のX染色体に加え、父親も薄毛遺伝子を含有するX染色体を持っていると遺伝の可能性が高くなります。まとめると、両親に薄毛の症状が出ている場合は、遺伝によって薄くなる可能性があるのです。

 

自分の薄毛の原因が遺伝ならば諦めるしかない、と思ってしまいますが、女性は遺伝子だけで薄毛になることはほとんどありません。

 

遺伝子はあくまでも可能性を高めるだけで、基本的には生活習慣が大きく関わっているので、対策を取れば改善したり進行を止めることもできるので諦めないでください。

びまん性脱毛症費用