女性に発生する男性型の薄毛の病気・FAGAについて

女性に発生する男性型の薄毛の病気・FAGAについて

女性の脱毛症にもいろいろな種類がありますが、近年増加傾向にあるのがFAGAです。FAGAと聞いても意味が分からないという方も多いかもしれないので、適切な対策をとるためにもしっかり学んでおきましょう。

 

男女力比べ

 

FAGAはどんな脱毛症なの?

 

男性型脱毛症であるAGAなら最近テレビコマーシャルでもよく見かけますが、簡単に言うとFAGAはAGAの女性版です。テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合するとジヒドロテストステロンに変性します。

 

このジヒドロテストステロンによって発症するのがAGAです。男性ホルモンが原因となるので、AGAは男性型の薄毛病気とされています。しかし、男性に女性ホルモンが存在するのと同じで、女性にも男性ホルモンは存在しています。

 

そのため女性でもジヒドロテストステロンによって薄毛が引き起こされることがあり、女性に発症する男性型の薄毛はFAGAと呼ばれています。

 

このように名称が区別されるのは、症状に違いがあるからです。AGAは5αリダクターゼが存在する前頭部や頭頂部に集中して発症しますが、女性は髪が細くなり髪全体が薄くなります。

 

FAGAとAGAの症状はなぜ違うのか

 

FAGAもAGAも、大元をたどるとジヒドロテストステロンの影響によって発症する脱毛症という点は共通しています。ですが、女性と男性ではジヒドロテストステロンの作用が異なります。男性には女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が多く存在しています。

 

ですので、ジヒドロテストステロンの作用が局所的に強く働くので、前頭部や後頭部などが禿げてしまうのです。一方、女性は髪の成長を促したり、成長期を維持する女性ホルモンの方が多く分泌されます。

 

そのためジヒドロテストステロンが生成されても、女性ホルモンの働きによって作用が抑えられるので、髪の成長は弱まっても抜け落ちることはないのですね。

 

FAGAは、AGAと同じく専門機関での治療が必要です。生活習慣の改善も必要ですが、適切な処置をしないと進行してしまうので、髪全体が薄くなってきたら専門のクリニックに相談してみましょう。

びまん性脱毛症費用