お酒の飲み過ぎで女性は薄毛になる?アルコールとの関係とは?

お酒の飲み過ぎで女性は薄毛になる?アルコールとの関係とは?

お酒は「百薬の長」とも言われますが、残念ながら飲み過ぎは健康を損ねることになります。また、体だけではなく髪の毛にも影響を及ぼすこともあるので、アルコールと薄毛の関係を学んでおきましょう。

 

ビール

 

アルコールで薄毛が起こるメカニズム

 

アルコールを体内に取り込むと、血液によって肝臓に運ばれて分解されます。分解されたアルコールからは有害物質の「アセトアルデヒド」という物質が生成されるため、解毒作用が働きます。毒性の強いアセトアルデヒドを解毒作用によって「酢酸」という物質に変性することで、アルコールによる体への負担を軽減できるのです。

 

ただし解毒のためには多くの栄養素が消費されますが、特にアミノ酸が大量消費されます。アミノ酸には、髪の毛の成長に必要なタンパク質がたくさん含まれています。

 

そのため、アルコールを過剰摂取して解毒の働きを酷使してしまうと、髪に必要な栄養素が圧倒的に不足します。たまにたくさんお酒を飲む、というのであれば、一時的にしかアミノ酸は減少しません。

 

しかし毎日お酒を飲んでいると、常にアミノ酸が消費され続けて髪の成長にまわせる分がなくなってしまうため、薄毛が引き起こされるのです。

 

過度の飲酒を続けると薄毛は改善できなくなる

 

お酒の飲み過ぎで薄毛になるのは、単にアミノ酸が不足することだけが原因ではありません。過度の飲酒は、さまざまな面から髪の毛に悪影響を与えます。

 

まず女性の場合、もっとも注意したいのは血行不良です。アルコールは肝臓で分解されますが、お酒を飲み過ぎると肝臓が疲弊して自律神経が乱れます。

 

自律神経は血流をコントロールしていますから、バランスが崩れると血行不良が引き起こされるのです。女性はもともと血行が悪いことが多いため、頭皮に流れる血液が減少すると、栄養不足によって薄毛になってしまいます。

 

また、アセトアルデヒドはAGAの原因であるジヒドロテストステロンを増加させる働きを持っています。ジヒドロテストステロンが活性すると、女性であっても髪の成長がストップして抜け毛が増えるので注意しましょう。

 

適度な飲酒は、血行を促進したりリラックス効果が得られたりします。しかし、例え大好きであっても過度の飲酒は薄毛のリスクを高めるので、飲みすぎないようにしてください。

びまん性脱毛症費用