女性の薄毛改善のために必要な栄養素・亜鉛について

女性の薄毛改善のために必要な栄養素・亜鉛について

髪の毛は、あらゆる栄養素の力で成長しますが、微量ながらも重要な働きをしているのが亜鉛です。女性の薄毛は特定の栄養が不足したせいで引き起こされることがありますが、亜鉛がその原因になっている可能性もあるのです。

 

牡蠣

 

なぜ亜鉛不足で薄毛になるの?

 

亜鉛は金属原子ですが、体内にも存在するミネラルの一種です。その量はごくわずかながらも、細胞の分裂やタンパク質の合成、新陳代謝のサポート、免疫機能や味覚の維持など重要な働きをしています。

 

この働きを見れば分かるように、亜鉛は体のあらゆる成長に関わっています。そのため、亜鉛が不足すると体の発育が悪くなったり、性機能が低下するなど亜鉛欠乏症が起こります。

 

このように健康な体の維持に欠かせない亜鉛ですが、その働きは髪にも大きく関わっています。髪の毛は毛乳頭細胞が分裂することで成長しますし、髪の毛を構成するのはケラチンです。

 

亜鉛は細胞分裂に欠かせませんし、タンパク質を分解してケラチンを合成する成分ですから、不足すると髪の成長が滞ったり、細く弱い髪しか成長しなくなります。そのため亜鉛が十分に補給できないと薄毛が引き起こされるのです。

 

亜鉛を摂取すれば女性薄毛は改善できる?

 

亜鉛不足は女性薄毛の原因の一つです。亜鉛は食事から十分に摂るのが難しく、日本人女性の多くは亜鉛の必要量を摂取できていないと言われています。

 

また、たくさん摂取していたとしても、毛乳頭細胞の分裂やケラチンの合成だけに使われるわけではありません。摂取した亜鉛は全身をめぐりながら、生命維持活動に必要な部位から優先的に補給されます。

 

ですので、亜鉛は薄毛改善に必要な栄養素ではありますが、摂取するだけで薄毛が改善できるということでもないのです。だからといって、亜鉛を摂るのは無駄ではありません。

 

亜鉛をしっかり摂取していれば、毛包にも補給されて抜けにくい健康な髪の成長に役立ってくれるので、薄毛改善をサポートする効果が得られます。

 

亜鉛は、特に生牡蠣や豚レバーなどに多く含まれていますが、毎日の食事に取り入れるのは難しい食材が多いです。食材からの摂取が難しい場合はサプリメントでも代用できますから、薄毛対策の一つとして亜鉛を補給していくといいですね。

びまん性脱毛症費用